ニートの就職支援

ニートの就職を助けてくれる就職サイト

1、日本のニートの実態

 

 日本のニートの定義ですが15?34歳までの若年者で、家事手伝いを除き学校にも仕事にも就いていない人を指します。なお失業者でも就職活動を行っていればニートではなく、就職を目的とした資格取得のために自宅で学んでいる場合も、ニートに定義されていません。内閣府では2010年に初めて15?39歳を対象し引きこもり実態調査を実施し、全国で引きこもっている約69.6万人をニートとして定義しています。

 

 さらにこの実態調査でニートの最終学歴で最も多かったのが高校中退者など最終学歴が中卒で、最終学歴が中卒の場合だと就職活動を行っても応募できる求人が限られることが背景にあるようです。それを裏付けているのはニートが求職活動をしないまたはできない理由で、病気や怪我を省くと仕事を探したが見つからなかったと、希望する仕事がありそうにないが目立っています。

 

2、ニートの就職への道

 

 しかし横浜市が2008年4月にニートを対象に行った実態調査では、80%以上のニートが就職を希望していることが分かりました。さらにその内で46.6%のニートが、正社員として就職することを希望しています。ただその一方で就職したと思っていても、不安や心配があるニートが34.5%もいました。

 

 この数字を見る限りでは殆どのニートが就職を希望していても、不安や心配があるために就職活動に踏み切れないことがよく分かります。そんなニートの方々にお勧めなのがニートの就職支援を行っている、人材紹介会社が運営する就職サイトです。最近ではハローワークでもニートの就職支援を行っていますが、ハローワークで求人の紹介だけなのであまりお勧めできません。

 

 なぜ人材紹介会社が運営する就職サイトがお勧めかといえば、専任の担当者が付きニートの方々の就職を助けてくれるからです。具体的には就職に不安や心配を抱えている、ニートの方々に就職活動の心構えを教えてくれます。そしてどんな仕事に就きたいのかを聞き、応募できる求人の紹介を行ってくれます。さらにブランクがあるニートの方々のために履歴書や職務経歴書の書き方から、面接での受け答えまで全て無料で行ってくれます。

 

ここがポイント!
●ニートの就職活動は人材紹介会社が運営する就職サイトがお勧め
●就職サイトの専任の担当者がニートの就職を助けてくれる
●就職活動の心構えから応募書類の書き方や面接まで無料で支援してくれる

 

まとめ

 

 不安や心配を抱えながら真剣に就職を、希望しているニートの方々も多いはずです。そんな方は勇気を持って、人材紹介会社が運営する就職サイトに登録して下さい。きっと就職サイトの担当者が、あなたの就職を助けてくれます。

 

 

 

 

【おすすめサイトのご紹介】
50歳からの転職ガイド特集|成功へのポイント
50歳からの転職を支援するための転職サイト